すし・うなぎ 松前 │ 名古屋・栄生の寿司店

縞鯵

縞鯵-しまあじ
その希少性と格別な味わいで、同じアジ科の間八や平政と比べても別格とされているのがこの縞鯵です。近年は養殖技術が確立され、以前よりは目につくことも多くなりましたが、天然物に関しては「幻の魚」とまでいわれるほどの卸値が付き、高嶺の花のような存在には変わりありません。
若干赤みがかった身肉は、締めてから2日ほど熟成させると最高の旨味を醸しだします。上品な甘みと程よい脂の乗り具合、滑らかな舌触り。どれをとっても特級品の味わいです。
もし運良く出会えたならお召し上がりいただくことをお勧めいたします。