すし・うなぎ 松前 │ 名古屋・栄生の寿司店

蛸

蛸-たこ
寿司で一般的に使うマダコは通年を通して穫れますが、旬は夏と冬の2回あります。夏場のマダコは産卵期を迎え身が柔らかく淡白な味わいに、冬場は逆に身が締まり旨味・香りが濃厚になります。
蛸は活きたまま茹でます。そうでないと旨味が減少してしまうのです。長年培った経験で、季節に合わせて最高に旨い状態に仕上げていきます。
美しい小豆色に染まった蛸は、その弾力ある身肉を噛む程に旨味が溢れてくるようです。独特の香りも存分に楽しんでください。
寿司、または蛸ブツでどうぞ。