すし・うなぎ 松前 │ 名古屋・栄生の寿司店

蝦蛄

蝦蛄-しゃこ 
蝦蛄は活きたものをそのまま塩茹でして寿司ネタにするのが一般的です。茹でることで旨味が増しふっくらとした身肉になります。愛知県は全国一の漁獲量を誇り、水揚げ後の加工技術も全国トップクラスです。 
産卵期が春から初夏で、雌の抱いた卵は「鰹節」と呼ばれ、ホクホクとした食感で珍重されます。 
前脚の力がとても強く、水中で貝の殻を叩き割る程の威力があります。骨折した例もありますので、生きている蝦蛄に触れる際は十分に注意してください。その前脚の中にも小さな身肉が詰まっており、小さいながらも甘みが強くとても美味です。 
醤油もしくはお好みでツメを塗ってお召し上がりください。