すし・うなぎ 松前 │ 名古屋・栄生の寿司店

赤貝

赤貝-あかがい
赤貝は冬から春先にかけてが旬です。
色鮮やかな身肉はコリコリとした弾力のある食感を有し、爽やかな旨味と鮮烈な潮の香りに甘味も加わり、まさに江戸前寿司の花形といえる寿司ネタです。殻の淵に沿った部分は「ひも」と呼ばれ、身肉よりも強い歯ごたえと旨味があり珍重されています。また、新鮮な肝も身肉とは違った独特の潮の香りと旨味で酒好きにはたまらない部位です。
身肉は握りで、ひも・肝は軍艦巻きでぜひお召し上がりください。