すし・うなぎ 松前 │ 名古屋・栄生の寿司店

間八

間八-かんぱち 「勘八」とも書きます。
間八は、彼岸を過ぎて少しずつ寒くなってくると、その上品な甘みのある身に脂を蓄えて、旨さの最盛期を迎えます。
東北以南で穫れるアジ科の魚で、縞鯵・平政と並んで高級魚と言われています。正面から見ると目の間に八の字の模様があることから「間八」と名がつきました。
プリッとした身肉にしっかりと乗った脂をぜひご堪能ください。
寿司・刺身でどうぞ。