すし・うなぎ 松前 │ 名古屋・栄生の寿司店

鮟鱇

鮟鱇-あんこう 
鮟鱇は、肉部分よりそれ以外の部位の方が旨いとされる珍しい魚です。寿司では身は使わず、深海の過酷な環境下で肥大化した肝を握ります。
一般的に食用とされるのは、大きく成長するメスだけで、オスは50cm程度までしか成長しません。 
肝が大きくなる冬が旬。湯引きしたあん肝は、しっとりとした食感と、まるでフォアグラの様な風味がありますが脂分を感じさせないさっぱりとした後味で食べる人を魅了します。