すし・うなぎ 松前 │ 名古屋・栄生の寿司店

鯨

鯨-くじら
鯨肉は部位によって食味の差が大きい食材です。当店では背肉にあたる赤肉という部位を寿司として握っています。筋が少ないので寿司で食べやすい部位です。赤肉はまるで馬肉のような風味があり、魚とは一線を画す味を口の中で感じることができます。
旬は冬ですが初冬と晩冬では味わいが異なります。冬が深まるにつれて脂をしっかりと蓄え、魚とは明らかに違う、野性味あふれる味わいを強く感じさせる身肉へと変化します。
島国日本に古来から続く海のジビエです。旬のうちにぜひ味わってください。
刻んだ生姜とともにどうぞ。