すし・うなぎ 松前 │ 名古屋・栄生の寿司店

細魚

鱵-さより 「細魚」「針魚」とも書きます。 
春に旬を迎え、クセの少ない淡白で繊細な旨味が人気の魚です。 
成長して大きいサイズになると「かんぬき」と呼ばれます。観音開きの門を閉じる時に横に渡す「閂」に似ているからだそうです。 
腹を開くと、その透き通る様な身肉とは裏腹に腹腔膜が黒いので、「見かけによらず腹黒い人」のたとえに使われます。 
大葉を添えて醤油はほんの少しで。爽やかな旨味に春を感じてください。